シームレスカプセル

シームレスカプセルの特徴

シームレスカプセルとは、液体の界面張力を利用して製造されるソフトカプセルの種類の一つです。
カプセルの形状は製造原理上、現在は球形のみになりますが、その名のとおり、「継ぎ目の無い」カプセルが出来ます。
また、有効成分を使用時直前まで閉じ込めておく、内溶液の臭いを防ぐなどの特徴があり、加えて皮膜組織成物質が他のカプセルに比べ豊富な為(ゼラチン、寒天、その他増粘多糖類)分野を選ばず様々なお客様のニーズにお応えすることが出来ます。

シームレスカプセルの製造工程

01

内容液・皮膜液共にシームレスカプセル専用調整タンクを使い、それぞれ調合します。

02

カマタオリジナルのシームレスカプセル充填機を使用しカプセルを製造します。

03

シームレスカプセル専用タンブラーを使いカプセルを乾燥します。

04

カプセルの粒径サイズに合わせ篩過選別をします。

05

シームレスカプセル専用の検査機を使用し一粒ずつ検査します。

06