顆粒

顆粒の特徴

顆粒は、一般に粉末より粒径の大きいものを指し、高圧をかけて打錠する錠剤とは違い、粉末粒子間に多くの空気を含み、とても崩壊しやすく、吸収性に優れています。また、錠剤に比べ一度に摂取する成分量を多くできる利点があります。味や香りをつけ、飲みやすくすることも出来ます。

顆粒の製造工程

顆粒01

原料を処方通りに秤量し、異物の有無の確認や粒形の調整の為に篩過を行います。その後混合機を使用し、原料を均一に混合します。

顆粒02

原料の粉末同士を結合させ、顆粒にする工程です。原料の特性や仕込量により適正な造粒機を選定し、顆粒を製造します。

顆粒03